tel:0856-79-8240

理解していただける方に
支援のお願いがあります

島根県吉賀町柿木村にあるNPO法人「女性福祉センター」

まずは相談してみる

Please support usサポートのお願い

設立からもう10年以上の年月が流れたのだと、驚くばかりです。
2008年、安心の場所づくりを志した私たちの団体は、リラックスできないことが安心できないことにつながると考え、小さなリラックス教室を始めました。一度の開催で講師を合わせて10名~20名の小さな小さな集まり。ボランティアのお祭りや行政が行うお祭りの片隅に出店するか、お金がかからない公園の片隅や公的施設でコツコツとお稽古をして安心の仲間を作ってきました。
寄付金を集めたこともなく、助成金や補助金を申請したこともりませんでした。今でも理事報酬をもらっている理事は一人もいません。
設立から5年以上たったころ、暴力の被害者からの相談が重なるようになってきました。避難等の緊急的な事例もたくさんあり、行政とこまめに話し合う日々が続きました。特に警察の皆様には一方ならぬご尽力を賜り、感謝の念に堪えません。
とうとう2015年、団体の主たる事務所も県をまたいで引っ越さなくてはなりませんでした。それらすべては、理事たちの個人のお金で賄ってきました。
現在は、暴力の後遺症があり回復に取り組んでいるメンバーと一緒に経済的自立を目指してシェアハウスで暮らしています。それぞれ精神的にままならない部分と戦いながら、生活を整えながら過ごしています。個人的に大きな金額の奨学金を払っているメンバーもいます。
昨年は、島根県の研修を受けてファンドレイジングの仕組みを教えていただいたことから、ご支援くださる方が増えてきました。このことが、彼女たちにとってどれほど励ましになっているかと感じています。
10年以上の長い時間をかけて、一歩一歩真面目に取り組んできたこの安心の場所づくりのために、皆様のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

Specific support特定な事柄への寄付

女性福祉センターで、特にご支援をお願いしたいことが3つあります。
1)女性福祉センターは非公開の場所等で、被害者の緊急的な受け入れを行っています。避難された方の生活はすべて女性福祉センターへの会費や寄付金、理事たちの個人的なお金で賄ってきました。皆様のご支援をお願いしたく存じます。
2)シェアハウスでは生活費を女性福祉センターの会計に頼ることなくメンバーでやりくりしながら暮らしていますが、後遺症の回復をしながら多額の奨学金の返済で苦労しているメンバーがいます。皆様のご支援をお願いしたく存じます。
3)暴力被害や虐待被害とその後遺症、また緊急事態に際してどのように動くか等、今までたくさんの方々から質問がありました。ほとんど同じ質問を受けることが多く、いつか文章で皆様にお伝えしなければと考えてきました。この問題の啓蒙的な活動も含めて、ご支援をお願いしたく存じます。
詳細はリンク先をご参照ください。

助けての声が届いたよ~自分はダメな人間だと思っている私たちが、どうしたら自立できるのかを書いたブログを見る

Membership会費納入

女性福祉センターの法人格は、NPO法人です。正式には特定非営利活動法人と言います。「非営利」とはお金をもらってはいけないではなく、利益の分配をしないという意味です。「特定非営利活動促進法」に基づいて行政の認証を受けて設立された法人のことを言います。NPO法人の会員は、定款で定めている「目的」(ミッション)に賛同して、そのミッションを推進しようとして結集した人々です。推進会員及び賛助会員の詳細はリンク先をご参照ください。

女性福祉センターの団体詳細を見る

出会いを大切に、
心を大切に。

女性福祉センターへの
お申し込みやお問い合わせは、
以下のメールフォームを
お使いください。

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容

まずは相談してみる

共用電話ですので
「女性福祉センターについて」とお申し出ください。
不在時はメールフォームを
ご活用ください。

0856-79-8240

CALL US